エステティックミスパリ

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.02 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    多汗症 症状

    0

      多汗症と呼ばれる病気の症状と治療方法について

       

       

      人間の体は、緊張した時や暑い時に汗をかきますが、

      その量が多すぎる状態を多汗症といいます。

       

       

      ホルモンバランスに支障が生じたり、過度なストレスや、

      神経症状などが多汗症の要因であるとされており、

      局所性と全身性とがあります。

       

       

      しかし多汗症のみを治療するには、

      形成外科または皮膚科を受診してみましょう。

       

       

      医療機関では、神経伝達物質に働きかけたり、

      精神を安定させるような薬の服用などが可能です。

       

       

      塗り薬などの外用薬を使うこともありますが、

      これらの薬で効果がない時はボツリヌスによる治療方法もあります。

       

       

      ボツリヌスを注射することにより、

      多汗症特有の発汗を止めることができ、

      効果は半年から10か月ほど続きます。

       

       

      多汗症の治療では、外科的な手術も用いられています。

      汗腺を取り除くことで、汗をかかなくするという方法です。

       

       

      手術より身体への負担の少ない治療方法として、

      クアドラカットという用具を用いて多汗症の治療をすることもできます。

       

       

      手術の場合は治療費がかかることや後遺症が出るというリスクもあるので、

      事前に確認しておきましょう。

       

       

      どの程度の治療効果を希望するかや、

      治療費やリスクはどのくらいなら納得がいくか、

      じっくりと検討することが重要です。

       

       

      その他に精神性の多汗症には、

      心療内科でのカウンセリングによって治療できる場合もあるようです。

       

       

      汗が多いことが気になる場合には、

      まずは多汗症の症状を確認した上で適切な治療を受けることが大切です。

       

      JUGEMテーマ:脇汗・多汗症


      1

      顔汗対策

      profile

      profilephoto
      ■名前:ゆり
      ■年齢:30代
      ■住んでるところ:東京都内
      ■一言:子育てをしていると美容に関して疎かになったのを反省。今は、必要な栄養をしっかり摂ったり、運動を楽しんだり、おしゃれな・清潔な身だしなみにも心がけています。

      categories

      ランキング

      LAVA

      selected entries

      archives

      links

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      PR