エステティックミスパリ

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.09.02 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    多汗症 ボトックス注射

    0

      多汗症は体質ではなく病気であるため治療する方法

       

       

      人間の体は、体温の調整や、緊張した時に汗をかきますが、

      汗の量が多すぎる人は多汗症である可能性があります。

       

       

      人より汗の量が多い程度なら対応できますが、

      治療がいるほど多い人もいます。

       

       

      多汗症は、脇の下や手のひらなど、

      もともと汗をかきやすい場所に特に多くの汗をかいたり、

      緊張によって発汗量が増えることがあります。

       

       

      はっきりとした多汗症の理屈は分かっていませんが、

      交感神経の働きが関与していることが知られています。

       

       

      交感神経は発汗をコントロールするための機能です。

      メンタルコントロールによって交感神経の働きをセーブし、

      汗をかきにくくすることができるとも言われていますが、

      心の持ち方だけでは多汗症の症状対策にはなりません。

       

       

      現時点では、アルコールを使って交感神経の働きを阻止したり、

      外科手術によって汗腺を除去するという方法があります。

       

       

      それぞれの治療方法ごとに、利点や注意点がありますので、

      どこまでのリスクをとるかを自分で見極めることが肝心です。

       

       

      これ以外の方法として、

      ボトックス注射による神経ブロックも効果があると言われています。

       

       

      人の体は、アセチルコリンという成分が分泌されることで、

      汗をかくという仕組みになっています。

       

       

      多汗症の症状を緩和するために、ボトックスを注射することで、

      交感神経がアセチルコリンを生成できなくします。

       

       

      医療機関で多汗症の治療を希望する場合は、

      ペインクリニック科や血管外科が代表的です。

       

       

      多汗症は治療によって症状の改善が見込めますので、

      まずは診断を受けてみるといいでしょう。

       

       

      JUGEMテーマ:脇汗・多汗症


      スポンサーサイト

      0
        • 2019.09.02 Monday
        • -
        • 10:25
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        関連する記事
          コメント
          コメントする








             

          顔汗対策

          profile

          profilephoto
          ■名前:ゆり
          ■年齢:30代
          ■住んでるところ:東京都内
          ■一言:子育てをしていると美容に関して疎かになったのを反省。今は、必要な栄養をしっかり摂ったり、運動を楽しんだり、おしゃれな・清潔な身だしなみにも心がけています。

          categories

          ランキング

          LAVA

          selected entries

          archives

          links

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM

          PR